利用方法解説(Proself Client)利用方法解説(Proself Client)

初期設定

重要:ターミナルサーバでは、仕様上、手順4の方法によるアップロードは行えますが、ダウンロードはできません。(パソコンなどでは行えます)ご了承ください。

  1. まず、Proself Clientの初期設定を行います。初期設定は初めて使う時のみ必要です。2回目以降は作業の必要はありません。

    まずスタートメニューからマイコンピュータを開きます。
  2. プロセルフクライアントがインストールされている場合には以下のように「その他」に「Proself Client」が表示されています。
    Proself Clientがインストールされていない場合にはhttp://www.proself.jp/から無償で入手できますので、インストールを行ってください。

    「Proself Client」をダブルクリックして開いてください。すると以下のように「新規接続先作成」が表示されます。
  3. 接続先は以下のように設定してください。接続名は任意、接続サーバーアドレスはユーザIDの部分を自分のユーザアカウントに変更してください。以下の例は s0850599というユーザの例です。念のため「接続テスト」をクリックして確認することをお奨めします。設定が終わりましたら「OK」をクリックして ください。



    接続名のところに入力した名前でアイコンが追加されています。

  4. ダブルクリックで開くことができます。ファイルのアップロード、ダウンロードはドラッグ&ドロップで行えます。

ファイルのアップロード

初期設定で作ったアイコンをダブルクリックして開きます。 

あとは、普段パソコンなどを使うときと同じように、開いたフォルダへドラッグアンドドロップでファイルのアップロードができます。

ファイルのWeb公開

Proself Cleintでアップロードしたファイルは、WEB公開が可能です。
アップロードしたファイルを右クリックすると、以下のようなメニューが出ます。
WEB公開設定をクリックします。

すると以下のような設定画面が出ます。必要に応じて設定し、OKをクリックします。

以下のようなメッセージが出ます。これで公開完了です。
ここで表示されているURLにアクセスすると、ファイルがダウンロードできます。
「クリップボードにコピー」ボタンを押すと、URLがコピーされ、メールなどに貼り付けることができます。

受取フォルダの作成

受取フォルダを作成すると、そのURLを知らせてあげることで、
他の人に自分のフォルダにファイルをアップロードしてもらうことができるようになります。

Proself Clientのフォルダを開いた状態で、何もないところを右クリックすると以下のようなメニューが出ます。 
「新規作成-フォルダ」を選びます。

できたフォルダを右クリックして、メニューから「受取フォルダ」を選びます。

すると以下のような設定画面が出ます。必要に応じて設定をしてください。

 

OKをクリックすると、以下のようなメッセージが出て、設定完了です。
このアドレスをほかの人に教えることで、自分の受取フォルダにファイルをアップロードしてもらうことができます。